今加入している生命保険についてよくわからない、若いころに進められて何となく加入したという生命保険の場合、ライフサイクルが変わったときには、必ず見直しをする必要があります。しっかりと保険見直しをしておかないと、いざというときに、保障がたりないなどの不都合が生ずる事があります。

とくに、長い年月見直しをしていない生命保険の場合、入院日額が1日目から出ない、日額が少ないなど手続きをするときに、実際にはあまり保障がもらえない保険に加入していたというトラブルが増えています。特に、入院した場合、また新たに保険に加入しようと思っても、病気などの場合、条件がついてしまったり、加入自体できないなど何かあってから保険見直しの重要性がわかってもすでに遅いという事にもなりかねないので、元気なときにしっかりと「もしも」に備えておく事が大切です。

生命保険はもしもに備える保険のため、月々の金額が高すぎると生活じたい苦しくなってしまう事があります。保険の見直しをするときに、月々の支払を抑えたい、保障はしっかりつけたいなど、具体的に要望を提示する事も必要です。たくさんの保険商品があるなかから、ファイナンシャルプランナーが商品を選んで紹介してくれる事もあるので、必要な部分を残していらない部分を削るなどして、賢く生命保険見直しをするという事が大切です。