生命保険を賢く見直す

今加入している生命保険についてよくわからない、若いころに進められて何となく加入したという生命保険の場合、ライフサイクルが変わったときには、必ず見直しをする必要があります。しっかりと保険見直しをしておかないと、いざというときに、保障がたりないなどの不都合が生ずる事があります。

とくに、長い年月見直しをしていない生命保険の場合、入院日額が1日目から出ない、日額が少ないなど手続きをするときに、実際にはあまり保障がもらえない保険に加入していたというトラブルが増えています。特に、入院した場合、また新たに保険に加入しようと思っても、病気などの場合、条件がついてしまったり、加入自体できないなど何かあってから保険見直しの重要性がわかってもすでに遅いという事にもなりかねないので、元気なときにしっかりと「もしも」に備えておく事が大切です。

生命保険はもしもに備える保険のため、月々の金額が高すぎると生活じたい苦しくなってしまう事があります。保険の見直しをするときに、月々の支払を抑えたい、保障はしっかりつけたいなど、具体的に要望を提示する事も必要です。たくさんの保険商品があるなかから、ファイナンシャルプランナーが商品を選んで紹介してくれる事もあるので、必要な部分を残していらない部分を削るなどして、賢く生命保険見直しをするという事が大切です。

ファイナンシャルプランナーのメリット

保険見直しの時なだけでなく、ファイナンシャルプランナーとう言葉はよく耳にしますが、実際に何をしてくれう専門家なのか気になるところです。

ファイナンシャルプランナーは、生命保険の外交員の人が資格を持っていることもありますが、銀行員や証券会社など、お金にかんする仕事をしている人が持っている事が多い資格のひとつです。ファイナンシャルプランナーの仕事イコールお金に関するスペシャリストと考えておくとわかりやすくなります。

ファイナンシャルプランナーには、お金に関する事全般を相談できるので、今の資産状況に応じて、貯蓄の仕方や投資の相談など、お金に関する事を相談する事ができます。また人生設計を考える上での手助けをしてもらう事ができるので、こどもの入園入学に関する時にいくらくらいのお金が必要かなど、長い目でみたお金の計画を立てて将来に備える事ができます。ファイナンシャルプランナーに相談する事で、プロの診断で安心を得るだけでなく、様々な選択の手助けとなります。

特に、保険の見直しに関しては、もしもに備えるという考えと合わせたうえ、今の生活の支出に見合っているかどうか、貯蓄性があるのかなどわかりづらい部分も的確に診断してもらう事ができます。

保険見直しはFPへ

何気に加入ている生命保険ですが、定期的にしっかりと見直しをしないと、入院の日額が昔のまま、死亡保険が少なすぎるなど保障内容が足りていないケースがあります。

毎年最新の保険が出ている事を考えると、5年10年のサイクルでしっかりと保険見直しをしてもらう事が必要です。そのためにも、専門的な知識をもったファイナンシャルプランナーの存在は欠かす事ができません。多くの保険会社や銀行など、お金を取り扱う場所ではファイナンシャルプランナーに相談できる場合があるので、保険見直しを考えている場合は、ファイナンシャルプランナーのいるお店を選んで、確認をしてもらうと安心です。

生命保険に加入している人の多くは既婚者が多く、こどもの人数や年齢などによって、備えておきたい保証は変化していきます。とくに最近は、死亡保障だけでなく、医療の進歩にあった生命保険が多く、働けなくなった場合の休業保障タイプなど、それぞれの生活に合わせた保険が出ているので、今の自分たちに何が必要かを考えて選ぶ必要があるといえます。生命保険は、年齢とともにライフサイクルに合わせて見直しを検討しましょう。
特に、ファイナンシャルプランナーへ相談する事で、長いスパンで必要なお金の試算を行ってくれます。今現在の状況から、こどもの成長、老後の事まですべてにかかるお金についての相談ができるので、ライフサイクルの変化やマイホームの購入など、大きなお金動きが控えている時など、生命保険の相談と合わせて相談してみるのもお勧めです。